グランドキャ二オン(Grand Canyon)歴史と概要

アメリカの大自然と言えばまず思い浮かべるのがグランドキャ二オン

グランドキャ二オンはアメリカのアリゾナ州北部にあり、約4000万年前に始まったコロラド川による侵食によってできた大変険しい峡谷。

現在見られるような峡谷になったのはなんと200万年前からと言われてます。

そしてその侵食は今なお続いてます。

そのコロラド川周辺を居留区に生活しているのがネイティブ・アメリカンとも言われるホピ族。ホピとは「平和の民」という意味で、1000年ほど前に神に導かれ現在の居留区にやってきたそう。インディアンと言えば分かりやすいかもしれない。

また、グランドキャ二オンはアメリカ合衆国内で初期の頃に指定された国立公園の一つで、1979年には「世界遺産」にも登録されています。

そんなグランドキャニオンは平均深度およそ1200m、長さ446km、幅6km〜29kmにもおよびとても想像がつかないほどの広さ。最深地点は1800m。

この壮大なスケールのグランドキャ二オンの景観を楽しむには東西の各エリアに点在するビューポイントを渡り歩くのが一般的。またヘリコプターやセスナによる上空からの眺めも素晴らしいのでぜひ体験したいところ。